読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R-9のおでかけ修行ハウス改善

*ニンジャスレイヤー感想ブロゴだ*

【感想】グラウンド・ゼロ、デス・ヴァレイ・オブ・センジン

エピソード感想

Twitter連載版『グラウンド・ゼロ、デス・ヴァレイ・オブ・センジン』の感想です。

いろいろなことが未解決のまま終わってしまった感じもあり、もちろんガンドー=サンやデスドの安否も気がかりなので、わりと放り出されたようなフワフワした気分ではありますが、センジンを読み終わった感想を書いておこうと思います。

ちなみに、エピソード感想は基本的にネタバレを含む可能性がありますので未読の方は注意ですよ。

「グラウンド・ゼロ、デス・ヴァレイ・オブ・センジン」 - ニンジャスレイヤー Wiki*

魅力的なキャラクターたち

ネオサイタマ軍のハーヴェスター麾下ストーンコールド隊vsキョート軍側カブキコムの不良ニンジャ隊を中心とした乱戦の構図に、カブキ・フォースのミコシ=サン視点、アキラノ・ハンカバ視点、ネオサイタマ志願兵のマギタ=サン視点など様々な角度からの描写があり、そこへガンドー&アズールが突っ込んでいくという、複雑でスケールの大きいお話ではありました。

それにしても、魅力的な新キャラがいっぱい出てきましたね。ストーンコールド隊の6人のアクシスは、連載中断中の『ペイルホース死す!』のキャプテン・デス一味を思わせる多彩さとアクの強さがありました。イリちゃんいいよね…。なかなかないジツだし、もうちょっと引っ掻き回してほしかったけど、ああいう退場の仕方を見せられるともうあれはあれで完結しているというか。ヘヴィレイン=サンの思わぬ再登場も嬉しかった。

TLではミエザルとリンボの人気がすごかったです。遠景でトボトボ歩くリンボ=サンには癒されたよ。ミエザルはどうなんですかね、あれ、生きのびたんですかね。

フラグを立てまくり、ことごとくベタなムーブの末に期待通りの最期を迎えたミコシ=サン(ミコチじゃないよ!)。冒頭のミエザルとのニンジャおしおきボタンコントは面白かったです。婚約者とのくだりとか、あれだけバックグラウンドを晒しておきながら終わり方が残酷なまでにあっけないというのは、同じくモータルのマギタ=サンにも通じるものがありますね。この2人、それぞれがファンタジーとして頭の中に思い描いているものと、現実との無慈悲な落差を思い知らされて終わるのです。

登場人物がニンジャだけであれば、このエピソードは単純に上位のレイヤーでの戦いを描いた話なんですけど、モータルから観たニンジャの描写がたびたび入るからなのか、全体的に神話的絵巻物のようなダイナミックさを感じました。これは、同じ乱戦ものの2部ディフュージョンや3部ゼアイズではなかったテイストだなぁと。

ガンドーとアズール

ガンドーとアズールのコンビも良かったですね。もっと見ていたかった。なんだかんだ、アズールはガンドーに懐いている気がするし、グッドタイムズでのスナリマヤ女学院脱出後からここまでの道のりは(ボンモーが描かないのであれば)二次創作の余地がありそうです。ガンドーが透明な獣のことを「ワン公」と呼んでいるのが地味に面白かった。

f:id:epxstudio:20160112133506p:plain

ガンドーが捕らえられたあたりの絶望感というか、打つ手なしの感じはなかなかでしたね。そこまでが比較的スイスイ進みすぎていただけに。実はニチョーム・ウォーでのディスカバリー救出作戦のように、意外にあっさり片付いてしまうのでは、と思っていたのです。なので、アズニャンがベストタイミングで突入してきたのは、ヤッターとは思いつつも、やっぱりかーとは思いました。

しかし何といっても意表を突かれたのは、デスドがシキベ=サンを標的にしたあたりです。ここまでするか…いや、ここまでするのがデスドレインなのだと。やっぱなかなか余人をもって代えがたい悪役ですよねデスド。探偵事務所のくだりのループ、リブートの再現も効果的なコワさだったし、リアルタイムで読んでいてぞわぞわしました。

このあとどうなるの

でね、ガンドー=サンとデスドの行方なんですけど、私はやっぱまだまだ続きがあると思うんですよね。何故だか確信を持っているのが、ボンモーがガンドー=サンほどのキャラクターの最期を描くなら、もっと勿体ぶってカッコいいセリフを言わせたり、ほうぼうにアイサツさせたり、さらに言えば、キレイに「サヨナラ!」と言わせて爆発四散させるはずだ、という点です。泥のなかで爆発四散した(と思しき)イフリート=サンの描写も、あれはあれで映像的で美しいものでしたが。

仮に肉体を失ってしまったとしても、01の風が吹き付ける現実世界とコトダマ空間の混沌のなかでは、もはや何が起きてもおかしくないわけで…。UNIXから飛び出してきた誰かさんもいたことですし!というか、書籍エピのブラックハイクでスズキ・マトリクス理論に言及するとか、シキベチップとユンコ路線との交錯を示唆しているんだから、それに立ち会うまで生き延びないといけないよガンドー=サンは。

とりあえず、アズニャンには空中に浮かぶ首輪に気をつけながらキョートに帰ってもらいたいものです。なんか気配を感じたら躊躇なくクナイか49マグナムをぶっ放すようにしよう。

 以上、『グラウンド・ゼロ、デス・ヴァレイ・オブ・センジン』の感想でした。